ロレックス GMTマスター
1957年に国際線パイロット用の時計として回転ベゼルにGMT機能を搭載。
GMT機能はGMTマスター I では最大2ヶ所、GMTマスター II では
短針を単独で動かせるため最大3ケ所の時間帯を読み取ることができます。
ケースサイズは40mmで、デイトナ、サブマリーナー、ヨットマスターなどと同サイズ。